ホームヘルパー2級|最短で資格を取得する方法!

ホームヘルパーとは、日常生活に不自由がある高齢者に対して、家事援助や介護をおこなう仕事です。

 

介護職であっても、補助的な業務は資格が無くてもできます。しかし利用者と信頼関係を築き、安全に介護をするためには、ホームヘルパーの資格は必須になります。

 

では、資格を取得するためには、一体どうすればいいのでしょうか?また、期間や費用はどれくらいかかるものなのでしょうか?

 

当ページでは、ホームヘルパーの資格のとり方をくわしく解説しながら、最短・最安で取得する方法について書いていきたいと思います。

 

ホームヘルパーになるには?

ホームヘルパーのキャリアアップ

 

ホームヘルパー2級は廃止!介護職員初任者研修へ

ホームヘルパー2級の資格は、2013年4月「介護職員初任者研修」に名称変更されました。ですから、これからホームヘルパーの仕事をしたいのであれば、まずは介護職員初任者研修を受講する必要があります。

 

介護職員初任者研修とは、介護の仕事に必要な最低限の技術や知識を身につけるための研修です。また、厚生労働省が定めた基準に基づき都道府県の指定事業者が実施しているため、公的に認められた資格ともいえます。

 

厳密にいえば、法的には資格が無くても、施設などで介護の仕事をすることはできます。しかし現実問題、未経験で何の資格も持たない人が仕事を探すことは非常に難しくなっています。

 

とくに、1人で高齢者宅を訪れる訪問介護では、どの求人をみても介護職員初任者研修の受講が必須条件です。

 

研修自体は、決して難しいものではありません。本格的に介護職として働きたいのであれば、まずは研修の受講を検討しましょう。

 

通学/研修

必須(夜間・休日・通信可)

受験資格

不要(誰でも受講可)

認定試験

なし

介護職員初任者研修を修了するには?

ホームヘルパー・イラスト

研修を修了するためには、厚生労働大臣が定めた基準である「130時間(講義40時間+実技90時間)」のカリキュラムを受講しなければいけません。

 

通信講座や土日・夜間に開催している講座もたくさんあるので、働きながらでも受講することは可能です。ただし、演習などの一部科目(90時間)については通学が必須になるので、通信講座だけで修了することはできません。

 

また、認定試験などは特にありませんが、研修の最後に1時間程度の評価試験があり、合格基準に満たなければ補講を受けることになります。難易度はそこまで高くなく、真面目に勉強すれば誰でも合格できるレベルです。

 

研修科目と研修時間数について

以下の科目をすべて受講すると、認定証がもらえます。

科目

時間

1,職務の理解

6時間

2,介護における尊厳の保持・自立支援

9時間

3,介護の基本

6時間

4,介護・福祉サービスの理解と医療との連携

9時間

5,介護におけるコミュニケーション技術

6時間

6,老化の理解

6時間

7,認知症の理解

6時間

8,障害の理解

3時間

9,こころとからだのしくみと生活支援術

75時間

10,振り返り

4時間

合計

130時間

最短で資格を取得するには?

ホームヘルパー・イラスト

 

一般的な研修期間は、約2〜3ヶ月前後とされています。

 

ただ、「3ヶ月も待ってられない!」「1日でも早く資格をとって現場で働きたい!」という方もいると思います。

 

その場合、最短で修了するにはどうすればいいのでしょうか。最短の修了を目指すには、以下2つの方法が考えられます。

 

パターン@通信+通学

■通信
「講義(40時間)」を自宅で学ぶ。
■通学
「実技(90時間)」を約2週間のスクーリングで学ぶ。

もっとも一般的なパターンです。通常1ヶ月程度かかるところを、週5日ペースで毎日学校に通えば、最短3週間で修了できるコースもあります。

 

パターンA全日制の通学講座

■通学
講義(40時間)+実技(90時間)をすべて通学講座で学ぶ。
■通信
不要

自宅で学習する自信がない方や、平日でも学校に通える方にはこちらがオススメです。パターン@と同様、週5日ペースで学校に通えば、最短3週間で修了できます。

 

結論:最短で修了するには約3週間かかります!

資格取得に必要な受講時間は、全国どこのスクールを選んでも”130時間”と決められています。つまり、「週にどれくらい学校に通えるか?」によって、取得までの期間が変わってくるのです。

 

たとえば、週1〜2日しか学校に通えないのであれば、どうしても3〜6ヶ月程度かかってしまいます。そのため、1日でも早く資格を取得をしたいのであれば、毎日講座がおこなわれるコースを選び、休まず学校に通う必要があります。

 

人気で予約待ちの講座も多い…

最短3週間で修了できる「短期集中コース」は、どのスクールでも募集人数が多く、人気も高いです。すぐに定員が埋まってしまうので、希望するなら早めに申込みを済ませておくと良いでしょう。

 

ただし、期間の早さだけでコースを選んでしまうと、思わぬ失敗を招いてしまうケースもあるので気をつけなければいけません。

 

というのも、介護職員初任者研修は全国各地にある民間のスクールで受講できます。調べてみると、あなたの家の近所でも、さまざまな団体が研修をおこなっているのがわかると思います。

 

そして、スクールによって期間だけでなく、授業の内容や料金、通いやすさなども違います。なかには、厚生省が定める教科以外にも、独自の科目を加えていたり…テキストのほかにDVDや冊子などのオリジナル教材をつけていたり…少数グループ制の実技がおこなわれていたり…それぞれ独自の工夫が施されているのです。

 

当然、内容が違えば受講料にも差が出ます。たとえば、トタール5万円前後で受講できる講座もあれば、15万円以上かかる講座もあるのです。スクールによって、軽く10万円以上も差が出るなんて驚きですよね。

 

ですから、申し込んだ後に「実はこっちの講座の方がお得だった…」「あぁ、こっちにすれば良かった…」と後悔しないためにも、事前に検討することが大切なのです。

 

スクールの情報は、一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すればカンタンに入手できます。まずは、自宅近くにあるスクールの資料をすべて取り寄せ、各講座の特徴を確かめてみてください。かならず、自分の希望に合ったところが見つかると思います。

 

また、無料説明会や体験スクールなども随時おこなわれています。気になる講座をいくつかピックアップしたら、実際に足を運び、授業の雰囲気や講師の人柄なども確認したうえで申込むと、失敗するリスクを避けられますよ。

 

自分に合った講座を選ぶなら♪

ブラッシュアップ学びロゴ

介護職員初任者研修キャプチャ

ブラッシュアップ学び」は、情報量No.1のスクール専門サイトです。全国各地の講座を一覧比較&一括資料請求ができるので便利です。無料で送られてくる資料には、講座の内容や料金以外にも、先輩の体験談や就職情報などが豊富に掲載されています。介護職員初任者研修を受講するなら、まずは自宅近くのスクールの資料を取り寄せ、各講座の特徴を確かめましょう。

 

無料で資料を請求する

 

失敗しない!講座を選ぶ際にチェックすべきポイント

優秀な講師陣が揃っているか?
わかりやすいテキストを使用しているか?
受講料は納得できる金額に設定されているか?
自宅から通いやすい場所にあるか?
修了後に「就職サポート」が付いているか?

 

とくに就業を希望する方は、就職サポートの有無についてはよく確かめておきましょう。手厚いサポートを提供しているスクールを選べば、修了後に専任のコンサルタントがあなたに合った就職先を紹介・斡旋してくれます。

 

たとえば、「特別養護老人ホームで正社員として働きたい」とか「パートで週3日くらい働きたい」といった要望を出すと、それに合った求人を優先的に紹介してもらえます。このようなスクール経由で紹介される案件は、一般の求人サイトやハロワークには掲載されない高待遇の求人も豊富にあります。積極的に活用することをオススメします。

 

さらには、履歴書の書き方や面接のアドバイスまでしてくれるところもあります。初めて介護業界で働く方にとっては、非常に心強いサポートだといえるでしょう。

 

過去の修了生の就職実績は、無料の案内パンフレットにすべて書かれています。かならず確認したうえで申込みましょう。

 

厚生労働省のお得な制度を活用しよう♪

教育訓練給付金・イラスト

 

受講料が高くて受けたくても受けられない…。そんなときに知っておくと便利なのが、厚生労働省が実施する「教育訓練給付制度」です。

 

「雇用の安定」と「就職の促進」を目的としてつくられた制度で、厚生労働大臣の指定講座を受講すると、受講料の2割(最大10万円)を国に負担してもらえます。

 

たとえば、64,000円(税込)の講座を受講した場合、そのうちの20%にあたる12,800円が国から支給されます。ちなみに、介護職員初任者研修ならベネッセ・三幸福祉カレッジ・ケアマイスターなどが対象講座になっています。

 

手続きはカンタン。講座修了後、修了書や領収書などの必要書類をハローワークの窓口に提出するだけ。「より安く講座を受講したい!」という方は覚えておくとよいでしょう。

 

就職するのに資格は必要?

危険と隣合わせの職業

前述したように、資格がなくてもホームヘルパーの活動をすることは可能です。法的に罰せられることもありません。

 

たとえば、突然、あなたが地域のボランティア団体などから仕事の協力を求められたとします。極端な話、その日のうちに高齢者の自宅に出向いて、介護業務をおこなっても構わないのです。

 

とはいえ、ホームヘルパーは他人の生活や身体を預かる仕事です。一歩間違えば、相手の身体や心に大きなダメージを与えてしまう恐れもあります。法律的な免許制度がないとはいえ、何の知識や経験も持たずに、いきなり介護活動をおこなうのは無謀ともいえるでしょう。

 

ホームヘルパーは専門職

高齢者の介護とは、病気やケガ、さらには死と隣合わせの活動です。そして、見た目は健康そうに見えても、介護の知識を持たない人が安易に接することで、知らない間に悪化してしまう病気もあります。

 

たとえば、「痴呆症」などが良い例です。ほかにも、ささいなことで骨折してしまうのも高齢者特有の身体の特徴。

 

背後からおじいさんに声をかけたところ、こちらを振り返った瞬間に背骨が折れてしまった…。普通では考えられないかもしれませんが、実際にはよくあるケースです。ですから、お年寄りに声をかける時は”かならず前から”というのが鉄則になっています。

 

ほかには、救急車を呼ぶときのヘルパーとしての心得心肺蘇生に関する理論、それらの手順についても知っておかなければいけません。

 

万が一、心臓や呼吸が止まった人でも、心肺蘇生を1分以内におこなえば97%の確率で命を助けることができると言われています。これがたったの5分遅れるだけで、なんと生存率が25%まで落ちてしまいます。身近にいる人の救護がいかに大切か、おわかりいただけると思います。

 

このような基本的な知識や技術を習得することは、介護を志す人にとって最低限の義務です。研修を受ければ、介護のこまかい動作ひとつひとつに、しっかりとした”理由”が存在することがわかります。

 

その理由を知らなければ、実際の介護の現場で臨機応変に対応することはできません。これからヘルパーとして活躍していくのであれば、専門職として恥ずかしくない能力を身につけるために、早めに資格の取得を考えることをオススメします。

 

自分に合った講座を選ぶなら♪

ブラッシュアップ学びロゴ

介護職員初任者研修キャプチャ

ブラッシュアップ学び」は、情報量No.1のスクール専門サイトです。全国各地の講座を一覧比較&一括資料請求ができます。受講先を決める際は、自分が納得できる内容かどうかをしっかり判断したうえで申し込むことが大切です。自分にピッタリの講座を選ぶためにも、まずは自宅近くのスクールの案内資料を取り寄せ、スケジュールや料金を確かめてみましょう。

 

無料で資料を請求する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

皆さんもご存知のとおり、日本は世界でも有数の高齢化社会といわれています。そして、医療技術の進歩や生活水準の向上により、平均寿命は伸びる一方です。しかし、少子化が進み、労働人口の減少は高齢者の増加と相反する状況にあります。そのため、高齢者の単独世帯が増加し、高齢者が高齢者を介護する「老老介護」の問題が深刻化しています。そのような状況の中、介護の現場で働く職員が不足しています。その一つとして、ホーム(家庭)ヘルパー(手助け・養護・援助)、そのままの意味ですが、訪問介護員があげられます。ホームヘルパーは、介護を必要とする高齢者や、疾病・身体の障害によって生活に支障をきたしている方の援助を行う専門職です。本来であれば、同じ家族同士が手助けしあう介護のあり方が理想かもしれません。しかしながら、認知症や身体の障害の影響で思うように動けない高齢者に向き合うことは心身共に苦痛を伴います。ホームヘルパー(訪問介護員)は、利用者の生活を尊重し、日常生活を安全・安心に過ごせるように援助する役割を担っています。ホームヘルパー2級の資格は、2013年3月を最後に4月から介護職員初任者研修と名称は変更されました。しかし、介護に求められる心構えや責任、謙虚さ、社会的な役割はなんら変わりません。「人が人を支える」のが介護の仕事です。当サイトが、介護職員初任者研修を受講するきっかけとなり、一人でも多くの介護の専門家が誕生することを願っています。

 

更新履歴