ホームヘルパー2級の廃止理由は?

介護業界で仕事をしたいと思えば、ホームヘルパー2級の資格を考えるのが今まででした。資格取得講座を受講しすべて履修すれば、各都道府県知事からの修了証が取得できたからです。

 

しかし、2013年3月で廃止となってしまいました。介護職員初任者研修に変更されたのではなく、新たに創設されたのです。

 

なぜ、廃止されなければならなかったのでしょうか。

 

複雑な資格取得の流れ

介護業界で初めて取得する資格がホームヘルパー2級です。この資格取得で介護の基礎の基礎を学び、施設実習で実際の現場を体験して介護業界に一歩を踏み出しました。

 

在宅訪問介護や施設介護などを経験していくうちに、その上の資格を取得するチャンスに出会い、スキルアップしていくことで介護福祉士やケアマネージャーになろうと、実務を体験しながら知識も積み重ねて挑戦していきます。

 

しかし、これまでの介護資格はホームヘルパー2級の他に「ホームヘルパー1級」、「介護職員基礎研修」、「介護福祉士」など、いろいろな資格があり、様々な研修がありました。その資格や研修はきれいに順序立てて連動していなかったのです。

 

「介護福祉士」は国家資格です。この受験資格を得る方法が幾つもあるだけでなく、複雑で分かり難かった為に、受験資格があるのかどうか、どんなキャリアを積めば資格取得できるのかも大変分かり難かったのです。

 

生涯働き続けるための展望

介護資格のスタートである「ホームヘルパー2級」を廃止することで、「介護福祉士」の資格取得に遠回りしたり、学習範囲の重複といった問題を解決し、介護職の養成体系を整理することが出来ました。多様化する介護のニーズに、スムーズに対応出来るようになったのです。

 

介護の世界でずっと生涯働き続けるという将来への展望を持てるようにする為に、今回の改正でキャリア形成の方向性が確立されたと言えます。

 

「介護職員初任者研修」⇒「実務者研修」⇒「介護福祉士」⇒「ケアマネージャー」というように変更されて、明確にわかりやすい資格取得の流れが一本化されたのです。

 

実務経験3年で「介護福祉士」資格取得、5年以上で「ケアマネージャー」の資格取得と自分がステップアップすることで国家資格にチャレンジできるのです。

 

このように、ホームヘルパー2級廃止によって、介護職として進むべき目の前の道が見えるようになったのではなでしょうか。