ホームヘルパー2級|通信講座とスクール(通学講座)どちらが良いの?

ホームヘルパー2級の資格取得の方法として、通信講座と通学講座があります。

 

通信講座は受講時間130時間のうち、講義(学科)40時間のほとんどを自宅学習で勉強していき、実技スクーリング90時間は通学スクールで直接指導を受けます。

 

通学講座は、講義(学科)も実技演習もすべて受講時間130時間をスクールに通って学びます。講義の時間は異なりますが、実技演習は全く変わらず、130時間の終了後には資格試験(修了試験)によって資格取得できます。

 

自分のペースで安価に!

現在の仕事から介護への転職を考えている人、すでに介護の仕事をしながら資格を取りたい人や通学する時間が取れない人には、通信講座が向いています。

 

学科をテキストで自分のペースで、自分の好きな時に勉強できます。この方法ですと、昼に仕事をしている人や、子育て中の人など、資格取得の為に決まった時間に外出せずにすみます。

 

また、通信講座は直接通学しない分、受講料金が安価に設定されていることが多く、少しでも安く取得したい人には通信講座が良いでしょう。

 

しかし、自分の時間内で勉強しなければならない為に、しっかりスケジュールを立てて、理解できないことなどを質問する積極的姿勢が必要になります。

 

基礎にしっかり時間を掛けて!

今までと全く異なる職場である介護職に就くことは、やはり誰しも不安が付きまといます。基礎の基礎から、しっかりと学びたいと考える人には通学講座が良いでしょう。

 

また、介護職に就くまでの時間的余裕と少し料金が高くなっても、講義も実技も全部、講師の指導を受けたい場合は、安心して受講できるのが通学講座になります。

 

通学講座は、すべての学科も講義形式で学びますから、レポート提出などはありません。その為に、ただ受講しているだけで理解しているのかそうでないのかが分からなくて、最後の試験前になってうろたえる人も出てきます。

 

自分に合った方法で!

各講座には、それぞれ受講者の都合に合わせてたくさんのコースを設けています。資格取得したい人にもそれぞれの都合があります。通信も通学も実技スクーリングはスクールに通わなければなりません。

 

1ヶ月の最短コースから4ヶ月掛けて終了するコースまで、最長8ヶ月の受講パターンがあります。通信・通学一長一短あります。

 

自分が通学しやすい場所、出せる受講料、通学できる曜日・時間などを検討材料にして事前調査したうえで選びましょう。

 

他人が良いと言ったから自分にも都合が良いのではなく、自分で決めて良い結果を出しましょう。