ベネッセ|介護職員初任者研修の特徴&評判

資格認定を取り扱う会社って結構存在していますよね。

 

その中で、最もメジャーな存在としてベネッセがあります。

 

資格だけでなく、幼児教育の教材などでも有名な会社ですが、介護系の資格に関しても上質なものを提供してくれています。

 

そこで今回は、ベネッセが主催する「介護職員初任者研修」の特徴や評判を中心に紹介していきます。

 

ベネッセとは?

ベネッセは通信教育業界では知らない人がいないほどの存在です。

 

数多くの講座を用意されていて、多くの方が利用しています。

 

特に、進研ゼミは誰もが一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

 

他にも、最近では介護系のビジネスにも力を入れています。

 

その一環として、介護職員初任者研修があるのです。

 

介護職員初任者研修の特徴は?

ベネッセの介護職員初任者研修の特徴として、より身につきやすいカリキュラムにあります。

 

普通の研修では、一方的に講師が話すことを聞いて理解していくスタイルが多いのですが、介護職員初任者研修の場合は自分で考えるという要素があります。

 

それにより、より深い理解を得ることができるのは言うまでもありません。

 

また、自然と実践で役に立つスキルも身につけることができます。

 

実際に現場に配属されても、その能力を発揮できずにいるという方は結構多いのですが、ベネッセの場合はそれが極端に少ないのです。

 

他にも、実際の現場の雰囲気も味わうことができるのも魅力的ですね。

 

介護職員初任者研修の評判は?

介護職員初任者研修を受けた方の満足度調査の結果として、何と96%もの方が受けてよかったと満足されています。

 

それだけ、上質な研修が行われているのです。

 

また、終了後のサポート体制が充実している点において、高い評判を得ています。

 

ベネッセ自体がベネッセスタイルケアを開業しているので、そこにそのまま就職することも可能です。

 

もしベネッセスタイルケアに就職した場合、何と受講料が全額支援していただけるのです!

 

この点に魅力を感じている方も多くいらっしゃいます。