ホームヘルパー2級|資格取得後の働き先は?

今後の日本は、今以上の高齢化が進み介護を必要とする人も増加の一途であると考えられます。これにより介護ニーズも増加し、ホームヘルパーへの期待も高まっているのが現状です。

 

ホームヘルパー2級(介護職員初任者研修)資格の取得後は、知識と技術を生かして高齢者家族の在宅介護から、施設、医療機関などの職場、自分の都合に合わせて選べる勤務形態で、介護職の一歩を踏み出しましょう。

 

訪問介護事業所に登録する

ホームヘルパーは、利用者の自宅に行って介助することを意味しています。

 

フルタイムで仕事するのではなく時間単位で仕事したい人、家事や家庭生活に触れることが好きな人は、訪問介護事業所に在宅訪問介護員として登録します。

 

利用者宅に行っての介助になりますから、利用者と介護者の関係はより密接になります。

 

コミュニケーションの必要性と、利用者の変化に対する観察力、対応する柔軟性が必要な仕事です。一人で利用者宅に行きますが、常にチームケアをしていることを念頭に置いて責任を持って仕事しましょう。

 

利用者宅での生活介護サービス(掃除・洗濯・調理・買い物など)または、身体介護サービス(入浴、排泄、更衣、食事サポート・通院介助など)をケアプランに沿って行います。

 

介護施設に勤務する

特別養護老人ホーム、グループホーム、小規模多機能ホーム、デイサービスなど利用者の希望にあったサービスを提供できるように施設も多様化しています。その施設で働く介護職員も多様な働き方を選べます。

 

正社員として勤務し将来は介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーとして資格取得を目指すのはもちろん、お年寄りが大好きでお世話することが好きな人、人に喜ばれる仕事をしたい人など、人が人を支える介護の醍醐味が施設介護にはあるでしょう。

 

喜び喜ばれることの感謝だけでは無い、体力勝負、心身共の健康が重要な職場とも言えます。

 

医療機関での院内ヘルパー

入院患者への介助、サポート業務が病院内での仕事になります。担当医師や看護師の指示に従って、入院患者の食事の配膳、搬送時のサポート、ベッドメイキングや着衣の介助等を行います。院内ヘルパーがいることで、看護師が看護業務に専念出来るようになります。

 

現在、病院では、医師、看護師、その他療法士以外にも多くのサポート業務をする人たちが働いています。サポートする人が活躍することで、より医療に専念することが出来るようになったと言えるでしょう。