ホームヘルパー2級の難易度はどれくらい?

介護業界で仕事するのに最初に手にする資格がホームヘルパー2級でした。

 

2013年3月でホームヘルパー2級は廃止され、2013年4月からは新たに介護職員初任者研修と名を変えて新設されました。

 

ホームヘルパー2級の資格は通用しなくなった訳では無く、その後も介護職員初任者研修同様全国共通の資格として生かされています。

 

廃止・新設で資格取得は変わったの?

ホームヘルパー2級も介護職員初任者研修も、資格取得講座の受講時間は130時間と変わりませんが、以前はあった介護施設などでの実習30時間が無くなり、実技演習に追加され、講義時間も18時間減った分が実技演習になりました。

 

これによって130時間の内、90時間が実技演習時間となったのです。実技時間変更は、介護職員にとっての知識と技術の習得、資格取得に難しくなったのか、簡単になったのでしょうか?

 

施設などでの実習が無くなったことで、受講期間内に実際の施設で経験することが出来なくなりました。しかし、実習受け入れ施設によっては受講者の実習内容に偏りがあったことから、変更によって受講者全員が同じレベルの技術習得が可能になったとも言えるのです。

 

資格取得の難易度は?

ホームヘルパー2級の資格取得は、受講時間をすべて履修し、課題提出やレポートもすべて完了すれば、未試験によって各都道府県知事により修了資格が与えられました。

 

2013年4月以降は130時間の受講終了後に振り返りと修了試験が行われ、合格しなければ資格取得できなくなりました。試験が有ることで難易度が上がったという見方もありますが、普通に受講していれば合格する出題内容になっています。

 

難易度は、受講内容にあります。実際の施設実習が無くなって楽になったという人も居れば、現場を知らずして実技演習だけで終了するのだから難易度は下がっているという見方もあります。

 

その一方、実技演習の時間が倍以上に増えたことで、現場に出る前にじっくりと技術を身につけられる、だから難易度は上がったと言う人も居るのです。難易度という捉え方は、その人それぞれの考え方によるものと思われますが、修了試験が有ることだけは避けられません。

 

ホームヘルパー2級の資格取得の難易度は高くも無ければ、簡単に考えることも出来ません。人が人を支える介助する仕事であることは、難易度で示すことが出来ないものではないでしょうか。