ホームヘルパーの魅力とは?

母親は、言葉も話せない乳児のおむつの世話(排泄)をし、乳を飲ませ、食事を与え、日々の変化に一喜一憂して成長に喜びを感じています。大変な子育てにも愛情を感じられるのは、そんなご褒美があるからではないでしょうか。

 

では、他人であり、大人の高齢者に同じような手助けをしていることにどのような魅力を感じているのでしょうか?

 

社会的貢献

介護施設の増加は、介護を必要としている利用者の増加を表しています。現在の日本では、最小単位である家族に高齢者を支える力がありません。社会全体で増加する高齢者、要介護者を支えなくてはなりません。

 

その担い手がホームヘルパーとなるのです。高齢化社会はホームヘルパーの力に支えられているといっても過言ではありません。

 

利用者とその家族に安心して任せられる介護に感謝し、喜びを与えています。介護しながら、家族の精神的支えとなり感謝される仕事は、社会的貢献度が大きいと言えるでしょう。

 

都道府県認定資格

ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)資格は、介護職の一番最初に取得する資格となりますが、国家資格ではなく、各都道府県の認定資格です。

 

通信制、通学制の講座が設けられていますが、現在は指定講習を修了して試験に合格すれば資格取得となります。

 

国家資格に比べて短期間で安価に取得できる資格であり、取得後に経験を重ねて介護職域の多くの資格取得を目指して、スキルアップ出来るのも大変に魅力ある資格です。

 

多様な働き方

介護施設には、24時間体制での介護や見守りを必要とする施設(特別養護老人ホーム等)と日帰り施設(デイサービス)、訪問介護(在宅介護)、グループホーム、機能回復型など施設も多様化しています。

 

これによって、就職先も豊富に存在し、常に介護者不足の状態です。豊富な就職先は、様々な雇用形態を生み出しました。

 

正社員は別にしますが、短時間雇用のパート契約社員は、自分の働ける時間、曜日での勤務が可能となり、子育て世代から元気な高齢者に至るまで、幅広い年齢層で働くことが可能となります。働きたい意志はあるのに、場所が無いという求職者にとって、大変魅力ある職場であると言えます。