ホームヘルパー2級と1級の違いは?

介護職の資格としてホームヘルパー2級は最初に取得しますが、経験を積んだその後に取得するのがホームヘルパー1級になります。

 

2013年3月にホームヘルパー2級同様、1級も廃止になり、「実務者研修」(介護福祉養成)が創設されました。2級と1級の違う点はどういうところか見ていきましょう。

 

1級はサービス提供責任者になれる?

ホームヘルパー2級で介護の知識や技術を身につけて、介護を必要とする人の手助けが出来るようになり、介護職の必要性を実際に経験していきます。

 

経験を積み重ねて、ホームヘルパー2級取得後実務経験3年以上で「サービス提供責任者」になることも出来ますが、ホームヘルパー1級の資格取得で「サービス提供責任者」として勤務することが可能になります。ホームヘルパー1級を持っていることは福祉・介護関連施設では、非常に貴重な人材となります。

 

ケアマネージャーと連携して介護プランを作成したり、訪問介護や育成介護などの管理業務を行うことが可能になる資格です。

 

喀痰(かくたん)吸引が可能になる!

介護施設入居者には、痰の吸入が必要な利用者もいます。以前は医療行為とみなされ、看護師でなければ喀痰吸引は出来ませんでした。

 

しかし、それでは介護が手間にもなり、看護師も介護職員も必要となることから、現在は、吸引だけはホームヘルパー1級資格保持者(実務者研修)が行っても良いことになったのです。介護職の業務内容が広がったのと同時に責任の幅も広がったと言えます。喀痰はホームヘルパー2級資格では行うことが出来ません。

 

医療現場で医者の行為を看護師が出来ないのと同様に、介護の現場でも資格によって、出来る事と出来ない事があるのです。

 

介護福祉士の受験資格

介護の仕事をしている人の中には、いつか介護福祉士になりたいと日々利用者の介護に取り組み、経験と知識を積もうと頑張っている人も多いことでしょう。

 

ホームヘルパー2級(介護職員初任者研修)⇒ ホームヘルパー1級(実務者研修)⇒ 国家資格「介護福祉士」の順に資格取得可能となります。

 

介護福祉士を受験するには、必ず実務者研修(ホームヘルパー1級)を受講しなければならないのです。介護福祉士に向けて介護業界で仕事を始めた人が目標とする順番が、列をなして理解しやすく目標を持ちやすく、介護の専門性を高める施策が出来上がったのです。