未経験からホームヘルパーになるには?

資格を持っていないとできない仕事も世の中には存在します。

 

代表格として、医師が挙げられます。

 

医師は、人の命を預かる重要な仕事であるので、医師免許を持っていないと仕事をすることができません。

 

また、病院で働く中では看護師も資格が必要な仕事です。

 

医療関係までは厳しくないものの、介護関係の仕事も結構資格が重要視されているジャンルであります。

 

ホームヘルパーなどは、少し前に資格の区分が見直されて厳格化されているのです。

 

では、初心者がホームヘルパーとなる場合、どのようなステップを踏んでいけば良いのでしょうか?

 

今回は、未経験者がホームヘルパーになるための方法を紹介していきます。

 

未経験者がホームヘルパーになることは可能?

では、未経験者がホームヘルパーになることができるかについて解説します。

 

ずばり、なることは出来ます。

 

まずは介護職員初任者研修の資格を取得することで、ホームヘルパーとしての第一歩を踏むことができます。

 

介護職員初任者研修とはどんなもの?

では、介護職員初任者研修とはどんなものなのでしょうか?

 

介護職員初任者研修は、簡単に言えばホームヘルパーの資格をとるための研修です。

 

ホームヘルパーに関する知識や技能を得るために、おおよそ130時間もの研修を受けることになります。

 

これは、単に座学だけでなくスクールに通い講師による指導を受ける項目もあります。

 

スタイルとしては、スクールに通っての研修+自宅でテキストを用いての自習という形で進行していきます。

 

その後、試験を受験してクリアできれば、晴れてホームヘルパーの資格を取得できます。

 

試験については、研修の際にある程度の予行演習を実施してもらえるケースが殆んどです。

 

その内容をしっかり実践で発揮できれば、決して難しい試験ではありません。

 

また、介護職員初任者研修ではその後の就職サポートをしてくれる会社がほとんどです。

 

よって、会社えらびは非常に重要なファクターとなりますので、単に金額だけ見て決めるのではなく、評判などをしっかり調べて選ぶようにしましょう。