ホームヘルパーの仕事|楽しいのはどんな部分?

仕事に生きがいを感じている人っていますよね!

 

私の場合は、正直今の仕事は決して楽しいとは感じていません。

 

どこか事務的に仕事をこなしていき、達成感も感じないためです。

 

やはり仕事をするなら、楽しみながら仕事をしていきたいものです。

 

ただ、その理想な仕事を見つけるのもかなり大変なミッションであるといえます。

 

介護系の仕事、特にホームヘルパーという仕事に関しては、かなり過酷な仕事というイメージがつきまとっています。

 

では、本当に過酷なだけで何の楽しみもない仕事なのでしょうか?

 

それは、「No」です!

 

では、ホームヘルパーの仕事が楽しいと感じる瞬間はどのような時なのでしょうか?

 

今回は、ホームヘルパーのやりがいについて紹介します。

 

感謝される瞬間に楽しみを感じる

ホームヘルパーという仕事は、人を取り扱う仕事になります。

 

よって、そこには感情というものが発生します。

 

手稲に仕事をすれば、当然被介護者の方も気分が良いものなのです。

 

時には、人に感謝の言葉をかけられるケースもあります。

 

人間、感謝されて嫌な気分になる人なんていませんよね。

 

そういう瞬間に、楽しさを感じることが多いです!

 

他にも、直接感謝の言葉をかけられなくても、「助かった」などという何気ない言葉が発せられると、非常に嬉しいものです。

 

そんな瞬間でも、やはりやりがいを感じるものですね!

 

家族の笑顔を見た瞬間に楽しさを感じる!

先の感謝の言葉と似ていますが、家族が笑顔で話ししている風景を見ても、やはり楽しさを感じるものです。

 

特に、介護を受けている方の笑顔を見ると、ホームヘルパーの仕事をやっていてよかったな!と感じます。

 

介護が上手く行っていないと、笑顔なんて見ることも出来ません。

 

いかに効率よく、被介護者のために介護を行わないといけないわけです。

 

その点からも、家族の幸せな風景である笑顔というのが、非常に重要なポイントとなります。

 

是非、多くの笑顔を見たいものですね!