ホームヘルパーの社会的ニーズはどれくらいある?

高齢化社会は年々拡大しているのが実情です。平均寿命も延びる一方で、出生率は伸び悩み、労働人口は減少しているのが、現在の日本です。

 

働くことが出来なくなり、誰かの手を借りなければ生活することも難しい人の増加は止まりません。

 

高齢者のみならず、疾病、障害(身体・精神)により介助を必要とする人、認知症罹患者は若年にも発症します。

 

高齢化社会の実態

労働人口は年々減少し、少子化も相まって核家族、独居家庭が増加している現状にあります。

 

年金を頼りに生活している高齢者夫婦世帯では、どちらか一方が病気や怪我などによって、介護が必要になった場合、老老介護が現実のものとなります。

 

片方に強いられる負担は大変大きなもので、共倒れになることも少なくありません。地域社会が密なところでは、高齢者世帯に対しての気配り、目配りが出来ますが、プライバシーやその人の自己選択によっては立ち入りが困難になる場合もあります。

 

孤立する高齢者は地域でも交流しなくなり、一段と他の介入を拒む事になってきます。いち早く世帯の変化に気付き、地域で連携する必要性があります。市区町村の福祉課や民生委員などに相談し、その後の要介護申請や家族を含めた救援を勧めます。

 

社会的ニーズの高まり

社会に物があふれ、物的に満たされても、人と人との繋がりは希薄になっていると言われています。未だ、家族の介護を他者に任せることは悪であると思い、耐えながら親や家族の介護に苦労する人がいます。

 

これでは、高齢者の望む今までと同様の自立した生活とは言えません。家族が苦労することを望んではいないのです。

 

介護の専門家がいます。受け入れる介護施設は、利用者の要望により多様化しています。介護職員はその職場で、介護を必要としている人に専門的に接することで、利用者にも家族にも笑顔と生きる喜びをもたらします。

 

ホームヘルパーに対する介護社会のニーズは多様化し高まる一方です。それに応えようとする介護専門員(ホームヘルパー)は、より質の高い介護を提供すべきスキルアップに努めています。

 

専門職は専門家に。家族の中だけではなく、地域社会に理解を求めながら「その人らしさ」の再現をしましょう。