ホームヘルパーに向いているのはどんな人?

どんな仕事でも、向き不向きがあるものです。

 

例えば、計算が得意な人が経理を担当したりレジ対応するのは良いのですが、逆にコールセンターなどで働く際には数学の知識なんてほとんど意味をなしません。

 

適材適所で仕事を選ぶのは、半ば当たり前な事といえます。

 

もちろん、どこかで妥協することも重要なのですが、まずは自分の長所を見ぬくことから始めると良いでしょう。

 

ただ、適性がなくてもどうしてもなりたい職業というのもあるものです。

 

その場合は、まずはその仕事に求められる適正をしっかり把握し、その適性にあった能力開発を行なうことが重要です。

 

ホームヘルパーという仕事にも、もちろん適正が問われる項目があります。

 

では、具体的にどのような適性が求められるものなのでしょうか?

 

今回は、ホームヘルパーに向いている人とはどのような人なのかについて紹介します。

 

向いている人@:人当たりの良さ

ホームヘルパーとして重要なのは、コミュニケーション能力です。

 

被介護者といかに密にコミュニケーションを取ることができるか、これが重要なのです。

 

コミュニケーションを取ることで、被介護者との信頼関係も生まれますし、細かな状態の把握も出来ます。

 

例えば、いつもより元気が無い感じを受ければ、どこか悩みがあったり病気を発症している事が考えられます。

 

それを見ぬくために、コミュニケーションをみつに取ることが大事なのです。

 

向いている人A:力があること

介護系の職員は、とにかく体力勝負な側面があります。

 

寝ている方を起こすのって、粗糖な力がいるものなのです。

 

また、ホームヘルパーの場合は最小限の人数でそれを実施しなければなりません。

 

よって、力があるかたでないとなかなか務まる仕事ではないのです。

 

また、単に力があるだけでなく体力も重要ですね。

 

仕事をしていく中で徐々に体力をつけていくことも可能ですが、体力に自身がない方はホームヘルパーには向いているとは言えません。