ホームヘルパーの年収はどれくらい?

人間、お金のために働いているわけではないですが、対価として報酬をえるのは当然のことです。

 

同じ仕事をしていて、給料が低ければ当然モチベーションが上がりません。

 

また、手間がかかっているのにまるで簡単に誰でもできるかのような評価をされて、低い報酬しか支払われないケースもあります。

 

ある業界の職人さんは、あまりの報酬の低さにボイコットしたという話も聞かれます。

 

非常に低い報酬の業界として、やはり介護系の仕事が挙げられます。

 

国会でも問題視されるほど、今では注目されている業界なのですが、実際にホームヘルパーの年収ってどの程度のものなのでしょうか?

 

今回は、ホームヘルパーの年収について迫っていきたいと思います。

 

ホームヘルパーの年収は?

では、単刀直入にホームヘルパーの年収について解説していきます。

 

ホームへルパーの年収は、雇用体系によってことなるのは言うまでもありません。

 

まずは、正社員の場合の年収について言及すると、概ね250万〜300万円の間であるといえます。

 

一般的な企業の年収から比べると、やはり低いというのが実情ですね。

 

それに加えて、力仕事でありますし排泄物処理などかなりハードな仕事も含まれます。

 

その点から言っても、これだけやすい年収ではなり手が少ないのは当たり前の状態であります。

 

更に、パートや非正規雇用ともなれば、当然この数字から低いものとなります。

 

やってらんないよ!というのが、正直なところです。

 

今後の見通しは?

ここまではネガティブな話題が多いのですが、先に紹介したとおり国もこの状況を異常な状態と認識しています。

 

そこで、ホームヘルパーを始めとして介護職全体で年収をアップさせようということで、様々な施策を展開しています。

 

よって、将来的には年収がアップするのは間違いない状況なのです。

 

また、確実に需要のある仕事というのも魅力的です。

 

その点からも、年収といった面で見てもホームヘルパーの資格を持っておくことは悪くないのです。